『初々凛凛』

はじまりの気持ちに

いつだってかっこよく立ち向かいたい

わすれないんだ

その足元の実感も 目先の風景も