『天の川』

夜空にまたたくどの星を

君は見ているのだろう

たくさんの星の光が集まり

鏡となって君を

うつしだしてくれたら

僕はその川に君への花を流すから

まっていて